「玉置ありがとうっ!」

 

寒くなったなぁ…と思っていたらもう11月に突入。

 

月日の流れは早いですね。

 

 

 

 

「今年はコロナで休校とかもあったし…。なんか一年が早すぎです…!」という高2女子。

 

 

 

 

 

 

そんな彼女、「高2の10月から受験生!」というかけ声にしっかりと応えるがんばりを発揮してくれています。

 

 

 

 

 

 

 

「〇〇さん、すごいねぇ!先月の受講計画、1講のズレもなく完璧に予定通り…!」

 

 

 

 

 

「いや~、がんばりました!先生が『最初が肝心や!』ってうるさいから(笑)。」

 

 

 

 

 

 

「いやホンマにそうなんですよ。先輩たちも歯を食いしばって進めてくれたから…」

 

 

 

 

 

 

「確かにそれは思いました。っていうか先生、聞いてください!こないだの進研模試、伸びたんですよ!」

 

 

 

 

 

 

「なぬっ!?なんでそんな嬉しい事最初に言ってくれないの!?」

 

 

 

 

 

 

「まぁ自己採点だから何とも言えないところはありますけど。でも英語も国語も明らかに伸びてます。玉置ありがとう!って思いました!!」

 

 

 

 

 

 

「玉置って。。玉置先生やろ!(河合塾英語科の大ベテラン、重鎮先生です)なんと恐れ多い…。でも伸びて良かったやん!」

 

 

 

 

 

「やっぱやらないと伸びないですね。それを痛感しました。今月もがんばります!」

 

 

 

 

 

 

受験生としてのがんばりは始まったばかり。

 

 

 

 

 

漕ぎだすことが出れば、あとは継続あるのみ。

 

 

 

 

 

 

現役合格への年間計画、一歩ずつ帆を進めよう!